KINGS POINT

KINGS POINT

投稿日:

最後は人。

1,000,000人に1人の人間になれ

2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、アスリートを雇用したいという企業が増加傾向にあります。競技引退後の人生を考慮し、競技と業務の両立を推奨するも、アスリートへの業務の与え方が難しく、アスリートは競技以外のキャリアを現役時代に築き上げるこができないと同時に、次のキャリアへのイメージをプラスに捉えることができず、それが離職率の増加に繋がっている現状があります。

離職し次のステップに進んでいるならまだよく、次のキャリアにおいて活躍できる場を見つけることができないためになかなか引退に踏み出せず、競技活動を続行するアスリートが増え、企業にとってもアスリートにとってもマイナスになっているという現状があります。

 

1,000×1,000=1,000,000

アスリートのセカンドキャリア支援といえば、アスリートと企業をマッチングさせたり、全く違う分野で0からキャリアを積み上げていくものが多いように感じますが、私達はアスリートとして培った経験や知見を世の中に還元していくアスリートを一人でも増やしていくことが本当のアスリート支援になるのではないかと考えております。

一つの分野で1,000,000人に1人の存在になることは難しく感じますが、それと比べると1,000人に1人の存在になることはそこまで難しいものではありません。私達は日本のトップで活躍しているアスリートはスポーツという分野で既に1,000人に1人の存在になっていると定義しております。それを前提にもう一つの分野で1,000人に1人の存在になることができれば、1,000×1,000=1,000,000、1,000,000人に1人の唯一無二の存在になることができると考えております。つまりアスリートだからこそのアドバンテージを活かして次のキャリアがスタート出来るのでアスリート時代の経験が最大限に活かせると確信しています。

私達はスポーツの分野で日本一を経験しました。また、指導者としてもチームを日本一に導いた経験もあります。選手として戦力外通告を受けた経験もあります。競技者として天国も地獄も味わいました。アスリートだった私達自らがアスリートの知見・経験を活用し、キャリアを積み上げていくことにより新たなセカンドキャリア支援を創出できると自負しております。アスリートの知見や経験を元にキャリアを築き上げていく唯一無二のアスリートを増やすために、私達は「組織マネジメントサービスKINGSPOINT」をご提供いたします

 

チームマネジメントにおけるクリアすべき課題

・日々の練習をこなすだけでやらされ感を持っている

・人間関係が表面的で全員が同じ目標に向かっていない

・競技引退後のキャリアが不安で競技に集中できない

                  

KINGS POINTで現状のモチベーションを数値化し、

状況に合わせた研修を通じてチームの結束力を高める!!

 

KINGS POINTとは?

チームビルディング

「やる気」分析システムMSQ(Motivation of Status Quo)+オーダーメイド研修

 

「やる気」分析システムMSQとは?

チーム・組織のモチベーションを分析し、数値化するシステム

「やる気」分析システムMSQ(Motivation of Status Quo)は、組織の業績向上に向け、その原動力となる構成員・組織全体の「やる気」を数値化して表示するアンケート調査システムです。
JTBコミュニケーションデザインが1996年に開発・発表し、すでに1000以上の組織で導入されている(2014年3月現在)

このシステムを通じてアスリート自らが目標達成のために必要なことは何なのか、組織とは何なのかを考え、刺激を与え合えるチーム作りを目指します。アスリート時代に目標達成することの意味や組織について考えることにより、競技引退後のキャリアにおいても人間力で勝負できるアスリートを創出します。

 

オーダーメイド研修とは?

上記MSQの結果を踏まえ、状況に合わせたオーダーメイド研修を作成します。

ご提供するオーダーメイド研修は、私達がアスリート時代に培った経験や知見とビジネスの世界で得た

感覚を合わせて形にし、研修としてご提供いたします。

【主な内容】

・強みを発見し差別化する

・自分の役割を再確認する

・コミュニケーション能力の必要性

・いかにスペシャリストであり続けるか

・行動して実践して形にする

・アスリートを部下に持つ上司の心構え

【見込まれる効果】

・モチベーションの向上

・目標標達成

・マインドセット

・コミュニケーションの円滑化

【流れ】

1.MSQにてモチベーションの状態をチェック(統計からチームのモチベーション平均値も算出可能)

 2.ヒヤリング(選手、スタッフ) 

  3.MSQ結果とヒヤリング内容から研修内容のご提案 

 

お問い合わせ(無料)