私たち一般社団法人日本アスリートコンサルティング協会(以下、アスコン)は、どんな状況下でもタフに生きてきたアスリートたちの経験・知見が、働き方・生き方が多様化する世の中を生き抜くためのヒントになるのではないかと日々考えて参りました。私たちの創業からのミッションであります「アスリートがアスリートであるために」を実現するために行ってきた様々な事業や活動を通して、アスリートの経験・知見が時代の変革期にある現代においた、より多く必要とされている事を改めて認識することが出来ております。
事業の柱であるヘルスケア事業では出張パーソナルトレーニングの他、さまざまな企業様と協業し、プログラム開発を行ったり、さまざまなトレーニングイベントを実施させて戴きました。また、スポーツ振興にも注力し、百貨店、一流ホテル、自治体でオリンピックパラリンピック報道写真展やスポーツイベント、スポーツのキャリアを考えるカンファレンスなども行っております。
この他、新しい取り組みとしては法人への出張トレーニングやスポーツの垣根を越え、様々な業界のプロフェッショナルから学べるマッチングサービス、日本内外にある良い商品のプロモーションなども行い事業を拡大しております。

さまざまな取組や事業を展開していく中で「アスコンの強みは何か?」「アスリートがアスリートであるために次の世代へ何が残せるのか?」を探求して参りました。
そこで、アスリート・元アスリートのセカンドキャリアを解決することはもちろんのこと、アスリートの経験・知見を活用して世に活かせる社会を目指し挑戦して参ります。

一般社団法人日本アスリートコンサルティング協会
代表理事  佐藤吏